WINEとは?

早稲田大学ナショナリズム・エスニシティ研究所、略称WINEは、2019年10月1日に設置されたアジア初のナショナリズム・エスニシティ研究機関です。早稲田大学総合研究機構の傘下にあるプロジェクト研究所のひとつですが、早稲田大学の研究者に限らず、国内外の最先端の歴史学者を中心に総勢26名から成り立っています。

 1980年代の英米圏で本格化したナショナリズム研究は、90年代末までに近代論(Modernization theory)、原初論(Primordialism theory)、エスノ象徴主義(Ethnosymbolism)という図式のもとで論争が繰り広げられ、文化人類学・民族学・政治学・社会学・歴史学の領域を超えて世界レベルで深化するに至りました。
 近代論構築主義の文化研究には、カルチュラル・スタディーズやポストコロニアル・スタディーズも加わり、国民史研究の論壇はいっそう活況を呈しました。


 しかし、重要なのは、2010年代以降、いずれの理論も限界が指摘されはじめたことです。
 歴史的文脈にかかわりなく前近代に近代国民のエスニックな起源を措定してしまう原初論の非歴史性は批判されて久しいわけです。とりわけ歴史学では、原初論本質主義に対する批判は、近代論構築主義に立脚しながら国民史批判として展開されてきました。
 1990年代にはこの文脈に立つ国民史批判は内外で一種の流行とまでなりましたが、今日ではむしろ当の近代論もまた、原初論と同様、方法論上深刻な岐路に立たされています。

 具体的には2010年代までにおもに以下の四潮流が出現しているといえます。
(A) E・ゲルナー、E・ホブズボーム、B・アンダーソンらのいわゆる近代論構築主義、
(B) P・ヴァン・デン・バークらの原初論本質主義、
(C)A・スミス、J・アームストロングらのエスノ象徴主義、
(D)P・ギアリー、F・カールタ、C・ヒルシ、M・ヴィローリ、P・ジャドソンらの社会構成主義、
です。
特にDは歴史学によるナショナリズム理論およびエスニシティ理論の総合の可能性を示すものとなっています。


 これまで日本は英米にならび近現代ナショナリズム史研究者数を多数輩出していましたが、個々が個別英語論文等で単発的に成果を発信するに留まっていました。
 このような状況から、日本におけるナショナリズム研究センターの設置と研究成果の世界的発信が常々期待されていたのです。

 この世界的要請を受け、同研究の総合化・体系化を図ることを目的に、アジア初のナショナリズム・エスニシティ研究所がようやく早稲田に設置されることになりました。
 今後3年の研究期間を経て、英文ジャーナルNationalism and Ethnicityを創設し、研究成果を内外に毎年発信してゆきます。
 また、国外の研究機関と連携しながら、シンポジウムを年2回開催し、アジアからナショナリズム・エスニシティ研究を発信してゆく予定です。

TOPICS

【会場変更:第2回研究会(篠原琢 招聘研究員報告)】

【満員御礼:1月13日(祝)第2回研究会(篠原琢 招聘研究員報告)】 

 1/6 (月)現在、40名の定員に達しましたので、締め切らせていただきます。たくさんのご登録ありがとうございました。

 

日時 2020年1月13日(祝)14:00~17:00
場所 早稲田大学文学部戸山キャンパス33号館16階第10会議室
講演者 篠原琢 招聘研究員(東京外国語大学教授)
講演題目 ハプスブルク帝国史研究とナショナリズムの問題
使用言語 日本語
懇親会 18:00~20:00

 

お問い合わせ

  • 〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学9号館355室
    〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 早稲田大学文学学術院・中澤達哉研究室
  • メールアドレス wine.waseda*gmail.com (*を@に変えて送信ください)